函館 の 社会保険労務士事務所 です。
「事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資する」、社会保険労務士法の目的です。社会保険労務士

はこのために存在します。 

企業経営の3要素(人、物、お金)のうち「人」に関する専門家として労務管理で日々直面する様々な問題に
ついてご相談を承ります。 
人を雇い始めたけれど労働関係の法律のことがよくわからない、就業規則の作り方がわからない、いまより
一歩進めたい、労務管理上の問題を感じている経営者様、お気軽にご相談ください。
労務管理のプロとしてサポートさせていただきます。

 

《改正》

 ・育児・介護休業法(男性の育児休業取得促進)

  2022年4月1日から段階的施行。 

 

 ・健康保険法(傷病手当金の通算)

  2022年4月1日施行。前日において、1年6月を経過していない傷病手当金から適用。 


News 

2021/ 6/ 1             育児介護休業法改正。男性の育児休業取得促進。(2022年4月から段階的施行。)

2021/ 4/ 1             パートタイム・有期雇用労働法改正。不合理な待遇差禁止。(中小企業も適用開始。)

2021/ 1/ 1             育児介護休業法改正(時間単位の休暇が取得可能に。)
2020/ 6/ 1             パワーハラスメント防止法施行。(中小企業は2022年3月31日まで一部施行。)

2020/ 4/ 1             労働基準法改正。賃金請求権の時効5年間に延長。(当分の間3年間)。

2020/ 4/ 1             労働基準法改正。時間外労働(中小企業も適用開始)

2020/ 4/ 1             パートタイム・有期雇用労働法改正。不合理な待遇差禁止。(中小企業は1年猶予)。
2019/ 4/ 1             労働基準法改正。有給休暇時間外労働(中小企業は1年猶予)